倉敷市藤戸町の歯科医院  おおつき歯科クリニック 【一般歯科・小児歯科・審美歯科・ホワイトニング・訪問診療】
ホーム > ウイルス感染に対抗する歯科の重要性

ウイルス感染に対抗する歯科の重要性

お口の清潔はウイルス感染への水際対策です。

近年のインフルエンザに関する研究において、お口のケアで細菌を少なくすることで、ウイルスが体内の細胞に侵入しにくくなることがわかってきています。
特に歯周病菌はウイルスを体内の粘膜細胞の中に侵入させやすくする強い酵素を出すと言われています。歯周病にかかっている方は、ご自身でのケアとともに歯科でのプロフェッショナルケアも大切です。

不潔なお口は腸内細菌のバランスを乱して全身の免疫力を弱めます。

ウイルスの感染への有効な対策の一つは、体の免疫力を低下させないことです。
全身の免疫には腸内細菌のバランスが密接にかかわっていますが、お口の細菌が食道、胃を通って腸内にたどり着き腸内細菌のバランスを乱し全身疾患発症の原因になることが研究によりわかってきました。お口をが不潔になっていると腸内のバランスを乱して全身の免疫力を弱めるのです。

お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります。

中高年になると「誤嚥」と言い、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管から肺にまで至り、誤嚥性肺炎を起こしてしまいます。誤嚥リスクの高い方はウイルス性肺炎のリスクも高いといえます。さらに、歯茎に住む歯周病菌は血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起このってします。また、歯茎の炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流全身へとばらまかれます。結果、体の免疫が乱されてウイルスによる炎症症状も進みやすくなってしまいます。

コロナウイルスは口からもやってきます。

今、世界で新型コロナウイルス感染に関する様々な論文が発表されてきています。
その中でウイルス感染が「口からも始まる」可能性も示されています。今後の検証が進むと新型コロナウイルスの感染予防にはお口の衛生管理が重要であることがもっとわかってくるかもしれません。
手洗い、うがいに加えて、お口のセルフケアとプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的クリーニング)を心がけましょう。
今の状況の中こそしっかりとお口のケアをしておくことが大切です。



参照:日本歯科医学会連合HP/新型コロナウイルス感染症について


おおつき歯科クリニック
〒710-0133 岡山県倉敷市藤戸町藤戸1394-1
086-697-6028

Copyright (c) Otsuki Dental Clinic All Rights Reserved.